婚活サイト&マッチングアプリ体験談ブログ

with体験談1人目:かまちょボーイ☆すっちーさん(前編)

2019/05/22
 
with体験談1




スポンサーリンク





この記事を書いている人 - WRITER -
ネット婚活で50人以上と会ってきた恋愛偏差値ど底辺の30代。ややヲタク。 「出会いは作れる」を合言葉に、「出会いがない」「いい人がいない」が口癖になっちゃってるコジージョさんにネット婚活で出会えるコツをお伝えしています。

こんにちは!ネット婚サルタントのコジマです。

今回はwithでお会いした同級生とのエピソードをご紹介します。

はい、びっくりなことに、お相手は学生時代の同級生でした。

当時はお互いを知らず、お話ししていくうちに同じ学校の出身ということがわかり、盛り上がりました。

 

世間は広いようで狭いんだなぁ

こじを

 

お相手のプロフィール

お会いした男性は、「ドリルせんのかーい!」で一躍有名になったすち子さんことすっちー似の同級生。

あ、ドリルされる方じゃなくね、する方ね。される方はマキバオーね。

見た目はスポーツマン系の硬派な感じで、第一印象は「体育の先生にいそう!」でした( ゚∀ ゚)

 

しかしこれがまあ、よく喋る人で、中身はさんまさんのようでしたね(笑)

やかましくはないんですけどね。彼:私=9:1くらいの会話量でしたね。

もともと私が喋るのが得意でないというのもあるのですが・・・

 

「いや~たくさん喋ってくれる人って、こちらが特に気を遣わなくてもいいから楽だわ~」

なーんて思ってたんですが、実はこれが後々げんなりする結果を生むことに・・・(´Д`;)

体育の先生

 

withでのやりとり

withではすっちーさんからいいね!を頂きましてマッチングしました。

 

すっちーさんはwithでのやりとりの時点からもう喋る喋る!(笑)

毎回びっしり長文で埋められたメッセージが送られてきました。

改行しようぜ、すっちー( ゚∀ ゚)b

でも、堅苦しい文章ではないし、一生懸命トークを盛り上げようとしてくれているのがわかったので、嫌な気分にはなりませんでした。

 

1週間ほどやりとりして、会う話も出てきたので、LINEに移行しました。

すると、すっちーさんから

 

すっちー

『緊張しやすいタイプなんで、お会いする前に一度電話でお話ししませんか?』

 

というLINEが。

えー・・・めんどくせえ\(^o^)/

 

コジマ

『だったら、さっさと会う日決めちゃいましょうよ!』

 

とゴリ押しで面接日を決めるワシ。

たまーに、会う前に電話したい・・・っていう人いるんですが、私はめんどくさいと感じちゃうんですよねぇ。

自分の声がコンプレックスだからっていうのもあるんですが(笑)、やっぱり会ってみないことには相性の良さってわからないですしね。

しかも、初対面の人と電話で何話したらいいかわからん。間合いもわからん。

 

すっちーさんも私の提案に賛同して下さり、どうせならお互いの母校近くで会おう!ということになりました。

 

面接1回目

バス

面接日の朝、すっちーさんからLINEが入りました。

 

すっちー

『今日は病院の予定がなくなったので、ゆっくりできます!』

 

( ,,`・ω・´)ンンン?

急に何の脈絡もなく病院の話が出てきて「お、おう」としか思わなかったのですが、わざわざ宣言するあたり、何時間拘束するつもりだろう・・・とちょっと不安になりました(^^;)

気が合う人なら何時間一緒にいても楽しいけど、合わない人と何時間も会話を合わせるのは本当に苦痛ですからね。みんな無理するな。いのちだいじに!じかんもだいじに!

 

駅の改札で待ち合わせをしていたのですが、すっちーさんが乗っているはずの電車が到着して乗客の波が過ぎても現れる気配がない・・・。

大きい駅だったので、改札口を指定してOKの連絡をもらったのですが。。。

そして次の電車も来たのに、まだ現れない・・・。

「おぃおぃ、ブッチかい、カツヲくぅ~ん??」とマスオさんのように裏返った声を心の中で上げながら、キョロキョロしていると背後からすっちーさん現る。

 

すっちー

『あ、はじめまして!』

 

はっはーん、さては改札間違えたな・・・( ̄ー ̄)

以前お付き合いしてた人もそうだったけど、男性って待ち合わせ苦手なのかな?

それとも人の話を聞いていないだけ?(笑)

 

挨拶そこそこにバスでお店まで移動することにしました。

実は最初は徒歩で目的地まで行こうとすっちーさんに提案されたんですが、

 

コジマ

『真夏の炎天下の坂道を30分以上かけて歩く気か?!貴様、正気か!?

 

的なことを柔らか~い口調で申し上げて、バス移動に変更して頂きました(笑)

 

バスの中で簡単な自己紹介をしながら、学生時代の思い出を語り合っていました。

ところが、もう停留所に着くというのに、すっちーさんの喋りが止まらない。

 

コジマ

『もうすぐ着くよ』

すっちー

『うん?でさ・・・』

 

こいつ・・・まだ喋るぞ!(アムロ的な意味で)

尚も喋り続けるすっちー氏を半ばスルーして降りようとしたら、「あ、ここか!」と慌てて着いてきました。

降りた後も、

 

すっちー

『そういえば、昔はここにお店があって~・・・』

 

と、まだ喋ってました。

喋り続けていないと死ぬのか・・・!?

まさにさんまさん。ファーw

 

お店に着くと、入り口に「席はご自由にどうぞ」と書いてあるのに、すっちーさん店員に向かって、

 

すっちー

『2名で。』

コジマ

 Σ(゚Д゚)ファッ!?

『いや、あの、好きな席に座っていいって書いてあるよ』

すっちー

『あ、そうなの?』

コジマ

(大丈夫かな・・・)

 

席に着いて、店員さんがオーダの仕方を教えてくれましたが、ちょっとややこしくて、すっちーさんはなんだかわかっていない様子。

 

コジマ

(大丈夫かなぁ?)

 

さっきの待ち合わせの件といい、バスの件といい、ちょっと天然さんなのかな?と思いました。

 

気を取り直して、メニューを見ながら「これにしよっかな~」と単品を指さすと、「僕が払うから、ドリンクも頼みなよ」って言ってくれて、ちょっと惚れた(笑)

ご飯の食べ方もキレイで、更に惚れた(笑)

 

その後のご歓談タイムで、なぜか、ふと女の子がタタッと走ってきて、すっちーさんの側に来る絵がイメージできたんですよね。その、霊的なものでなくて(;・∀・)

これが第六感でやつなんですかね。「あ、いいお父さんになるな~」と感じたんです。

 

本当に自分のことばっかりよーく喋る方で、聞いてもいないのに過去の恋愛遍歴まで語り出して(笑)それはそれで面白かったです。

まぁ、私の何倍も恋愛経験がおありだということがわかりました。

見た目も爽やかスポーツマンだしね。コミュ強だしね。普通にモテそうです。

 

すっちーさんから私への質問はほとんどなかったけど、最後の最後で、この質問。

 

すっちー

『コジマさんって誰かに似てるって言われない?』

コジマ

『ん~特にないけど・・・?』

すっちー

『麻木久仁子とか(ボソッ』

コジマ

(嬉しくないわー!!泣)

 

そんなに老けて見えたんかワシ・・・orz

不倫騒動とかでいいイメージないし( ノД`)シクシク…

まぁ、彼は良かれと思って言ったんだろうけど・・・褒める例としてありなの?やっぱりちょっと天然??

 

その後も1時間くらい喋ってたんですが(主にすっちーさんが)、やっぱりちょいちょい引っかかるところがあって。

どうも、すっちーさんと会話が噛み合わないと感じることがある。

 

コジマ

『学生の時って、ここは〇〇だったよね』

すっちー

『あ~そうそう、××だったね』

コジマ

(そうじゃねえよ)

 

みたいな流れが何度かあって、ちょっと戸惑いました。

 

帰りのバスではえらくすっちーさんに気に入られたようで、「会えて良かった」を連呼されてました。

清水翔太かな?

 

改札で別れて、さあ電車に乗ろうとした瞬間、もうすっちーさんからLINEが。

 

すっちー

『今日は本当に会えて良かった!また是非会いたいです!!』

 

過去最速のフォローLINEでした。

私も今日のお礼をすぐ返信しましたが、諸々の噛み合わないことが気になって、次の約束をしようかどうか迷い、とりあえずそこには触れずにおきました。

しかし、このすっちーさんからのお礼メッセージは序章にすぎなかった・・・

 

 

すっちーさんとのエピソード(後編)

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
ネット婚活で50人以上と会ってきた恋愛偏差値ど底辺の30代。ややヲタク。 「出会いは作れる」を合言葉に、「出会いがない」「いい人がいない」が口癖になっちゃってるコジージョさんにネット婚活で出会えるコツをお伝えしています。

Comment

  1. no named より:

    後編へのリンクが間違えています。
    修正お願い致します。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© ネット婚活Walker , 2018 All Rights Reserved.