婚活サイト&マッチングアプリ体験談ブログ

ペアーズ体験談1人目:癒し系の熊さん

2018/08/29
 
ペアーズ体験談1




スポンサーリンク





この記事を書いている人 - WRITER -
ネット婚活で50人以上と会ってきた恋愛偏差値ど底辺の30代。ややヲタク。 「出会いは作れる」を合言葉に、「出会いがない」「いい人がいない」が口癖になっちゃってるコジージョさんにネット婚活で出会えるコツをお伝えしています。

こんにちは。ネット婚サルタントのコジマです。

今回はペアーズで出会った1人目の男性とのエピソードをご紹介。

とても優しいプーさん系男子でした^^

 

お相手のプロフィール

プーさんこと熊さんは、その名の通り、雰囲気が熊さんっぽくて癒し系だったからです。

地元の中小企業にお勤めの営業マンで、年齢は1つ年上でした。

趣味は釣りで、なんと釣ったお魚を自分で捌いて食べられるとのこと!(普通そうなのかな?)魚好きの私としては注目すべきポイントです( ̄ー ̄)

私はその昔、料理教室で鯵の三枚おろしを習いましたが、内臓出したり、エラに指突っ込んだりしているうちに気持ち悪くなりました(笑)グロいゲームとかアニメ見てるくせにな!やっぱリアルはダメじゃあ・・・。

 

熊

 

ペアーズでのやりとり

ペアーズを始めて間もないご新規ラッシュの時に、熊さんからいいねをもらいました。

写真はどアップで、いいねも5未満で、正直「あんまりタイプじゃないな~」と思ったのですが、参加されているコミュニティが私好みだったのと、お顔がなんとなく友達に似ていて親近感を覚えたので、マッチングしてみました(笑)

 

お話ししてみると、やはり好きなものが似ていて、共通点がたくさん見つかり、結構盛り上がりました。

特に当時ハマっていた超ローカルなラジオ番組の話題で盛り上がれる貴重な人材でした(・∀・)

純粋に趣味友として楽しかったので、やりとりもポンポン続いて、たくさんマッチングした中からお会いする第一号となりました。

 

面接1回目

甘味

初面接でお会いする場所はどこにしよ~ってなった時、なんかお互いノリでその時テレビで話題になっていたスイーツ屋さんにしよう!ということになりました。

もちろん、おさんじ時に行くと激混みなので、朝一の開店と同時に凸ることになりました。

スイーツ屋さんといっても、パフェとかアイスとか冷たい系のものが有名なお店だったのですが、なんと熊さんとお会いした日は2月の小雪舞い散る早朝!(笑)お腹冷える・・・ ( ;´ω`)

 

たいてい待ち合わせはコジマが早く着くことが多いのですが、なんと熊さんの方が先に着いていて、寒そうに立っていらっしゃいました。

ユニクロのライトダウンのチャックをめいっぱい上げて、パツパツになった熊さんがなんとも可愛らしかったです(*´ω`)

 

コジマ

『熊さ~ん!コジマです。』

熊さん

『あ、はじめまして~(にっこり)』

 

第一印象は「笑顔の素敵な方」でした。

ペアーズのプロフでは体型はガッチリになっていたように思うのですが、実際はどちらかというとぽっちゃり・・・?って感じでした。まぁ、この辺の線引きって男女で違うしな(笑)

 

「寒いですね~」なんて言いながらお店の前まで行ったら、オープンまで15分以上もありました(^^;)

でも既にお客さんが何人かいて、やっぱりテレビの影響って凄いんだな~と驚くばかりでした。

 

店内に案内されると、真っ先に熊さんが上座のソファー席に。

「お、おう…」と思いつつ、私は椅子に腰かけて、しばらく雑談をしていると、カップルが続々と・・・。

気づくと、ソファー席は全員女性が座り、椅子側にはズラリと男性が並んで、女性は私だけポツン。

さすがにちょっと肩身が狭かったです・・・(;・∀・)

 

1時間ほど、お互いの仕事の話や趣味の話をして解散となりました。

座席の件はちょっち残念でしたが、お会計で払おうとすると、

 

熊さん

『あ、いいです、いいです^^』

 

と笑顔で熊さんがごちそうしてくれました。

 

その日の夜、早速熊さんから連絡があり、次は今日お話しした中で出てきた動物園に行こうということになりました。

その動物園も当時テレビで話題になっていたもので、どんだけメディアマニアなんだ私達って感じでしたね(笑)

 

面接2回目

レッサーパンダ

2回目のデートはお互いの予定がなかなか合わず、1回目のデートからちょっと間が空いてしまいました。

しかし、相変わらず、熊さんは待ち合わせ場所に私より早く到着。さすが営業。顧客を待たせない!(笑)

 

コジマ

『熊さ~ん!』

熊さん

『あっ(にっこり)』

 

熊さんは営業マンにしては珍しく口数は少ないものの、安定の素敵スマイルで出迎えてくれました。

いつもニコニコしてる人って男女問わず素敵ですねえ。

私はいつも顔が恐いと言われるので、羨ましいですorz

 

動物園までは待ち合わせ場所から30分ほど歩かねばならず、初夏の気配漂う5月だったため、じっとり汗を掻きました。

前回も今回も気候とアクティビティがマッチしていないぜ!(笑)

 

歩きながらも色々お話ししていたのですが、熊さんはどうやらうんちくがお好きなようで、色々な雑学を教えてくれました。

これは熊さんの癖だと思うのですが、うんちくを話している時、インド人のように頭が小刻みに揺れるんですよね。

実はこれ私の父と同じ(笑)この点もなんか妙に親近感を覚えました( *´艸`)

 

動物園を堪能した後は、繁華街に出たのですが、まさかのインド人が経営するカレー店でランチっていう(笑)

またまた熊さんがごちそうしてくれて、恐縮な気持ちでいっぱいでした。

 

というのも、熊さんと2回会って、とても良い人だし趣味も合うしお友達としてはいいな~と思う反面、異性として意識するのはちょっと難しく感じてしまいまして。。。。

手を繋いだり、その先も・・・って考えると、ちょっと無理かもしれないと感じたので、婚活では特別な意味を持つ3回目のデートはちょっと考えようかな、と思っていました。

 

まぁ、熊さんもどう思っているかわからないし、ちゃんと3回目のお誘いが来てから考えよう~と思っていたら、すぐに次のお誘いが・・・!

自分の気持ちを誤魔化しながらお会いするのは申し訳ないので、正直に「お友達以上になるのは難しいかもです」とお伝えしました。

すると、

 

熊さん

『了解しました。コジマさんも良いご縁を^^』

 

と、相変わらず優しさ満点の返信が来ました。

熊さんホント良いパパさんになりそうだから、優しいお嫁さんを見つけておくれー!

 

学んだこと

どんなに良い人でも、やっぱり本能がYESと言わない限り難しいのかな~と思いました。

本能的な部分は努力してどうにかなるもんでもないだろうし、その人に「触れたい」とか「もっと一緒にいたい」っていう自然と湧く感情を大事にしたいなと思っています。

まぁ、恋愛弱者が何エラソーなこと言ってんだって話ですけどねぃ(;・∀・)

 

・・・恋愛ってどうやるんだっけ?

 

↓コジマが熊さんと出会ったペアーズのレビューペアーズレビューリンク

 

この記事を書いている人 - WRITER -
ネット婚活で50人以上と会ってきた恋愛偏差値ど底辺の30代。ややヲタク。 「出会いは作れる」を合言葉に、「出会いがない」「いい人がいない」が口癖になっちゃってるコジージョさんにネット婚活で出会えるコツをお伝えしています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© ネット婚活Walker , 2018 All Rights Reserved.